求人を選ぶポイント 9選

1.プロに依頼する

 
求人情報を探す時は、自力でやるのではなくプロに依頼するのが一番の方法です。

いわゆる人材紹介会社に登録し、転職相談をすることです。

自力でやるとなると、情報収集するのも限られてしまうので、まとまった情報を一度に収集することと適正な情報をもらうことが転職に重要な方法になってきましす。
転職は情報の量が要となるので、集められる情報が少なくなれば、不利になってしまうのです。
なんとか頑張って自力で情報を集められてたとしても、その情報の裏付けがなければ意味がないのです。
例えば、ネットで求人情報を集めてきて、その求人内容を見ても、それが本当のことなのかどうかは面接を受けて、さらに仕事をしてみないと分からないのです。

ブラック企業のようなところも多いので、良い餌でつって、働いてみたら、まったく書かれている待遇や条件と異なっていた・・・なんて悲惨な体験談も多くなってきているのです。
そのようなブラック企業の求人にはまってしまわないためには、やはり転職サイトのようなプロにお願いするのが一番なのです。
転職サイトで紹介されている求人なら、裏付けとかがしっかりととれているので、ブラック企業のような質の悪い求人を紹介されることもないのです。
転職サイトも信用重視でビジネスをしているので、ブラック企業を紹介された・・・などという噂が広がってしまえば、商売ができなくなってしまうのです。
(40代 男性 外資系企業)

2.目標設定や適性診断をしてもらう

 
仕事をするためには長く続けるように考えて自分に適した求人を探す必要があり、内容や条件を確認して決める必要があります。
仕事を長く続けるためには仕事の適性を考えてから探す必要があり、明確な志望動機を考えながら最適な方法を決めると効果的です。

求人情報を正しく判断するには企業研究を入念にする必要があり、今後の人生に活かせるように自分に適した仕事内容であるかを判断して決める方法が望ましいです。
仕事を長く続けるためには業種ごとの業界の研究をする必要があり、今後の人生を有意義に過ごせるように計画を立てると効果的です。
後悔しないように仕事を選ぶには適性を診断してもらうと効果的で、必要に応じてカウンセリングを有意義に活用すると便利です。
同じ仕事を継続してするためには仕事を通して新たなことを発見する必要があり、仕事で求められるスキルを確かめて決めると効果的です。最近ではインターネットを通して企業の情報を収集できるために、やりがいを感じるように仕事を選ぶと効果的です。

同じ仕事を長く継続してするためには人間関係を良くする必要があり、常に他人のことを考えて行動する必要があります。求人を正しく選ぶには仕事への適性だけではなく人間関係を良くすることを考えて決める必要があり、やりがいを感じて仕事をして自分自身を成長させることが大事です。
(30代 女性 金融)

3.収入よりもやりがいを重視

 
求人情報を選ぶなら、収入よりもやりがいを重視した方がよいでしょう。
なぜなら、いくら収入がよくても、やりがいを感じることができないと、その仕事を長く続けることはできないからです。
仕事は長く続けないと意味がありません。
アルバイトなら、すぐにやめて、次々と新しいものをやっても良いですが、正社員ともなると、そのような働き方はできないのです。
なぜなら、短期間で正社員の職歴があまりにも多くなってしまえば、もはや次の転職先で採用される可能性はゼロになってしまうからです。
どの企業だって、すぐに辞めてしまう可能性の高い人材は欲しくないからです。
そのようなことにならないためにも、長く仕事を続けることができる求人を選ぶべきなのです。
仕事を長く続けるためには、収入だけでは絶対に無理が出てきてしまうのです。

なぜなら、その仕事にやりがいが持てないと達成感も抱くことができないからです。
達成感もなく収入がだけが良い仕事だとつまらなくなってしまうのです。
お金は貯まっていきますが、常になにかが足りない・・・というストレスや疑問を持ちながら仕事を続けなければいけないのです。そのような疑問やストレスを抱えながら長く仕事を続けるのは非常に辛いのです。
(30代 女性 金融)

4.今後の人生が有意義になるのか?

 
就職をするには自分に適した企業を探す必要があり、内容を確かめてから決める方法が望ましいです。
仕事をするには自分の今後の人生を考えて選ぶ方法が望ましく、今後の人生に活かせるように考えて決めると効果的です。
企業を正しく選ぶには企業のサイトや口コミを参考にする方法や、企業の新規事業やデータなどを確かめて決めると便利です。
企業で働くためには自分に適した仕事を長く続けられるかが重要であり、内容を確かめてから判断して決める方法が望ましいです。
企業の実力を見抜くためには成長性を確かめると効果的で、長く働ける環境であるかを確かめて決めると効果的です。長く勤務するためには安心して働ける環境を探すと効果的で、今後の人生に活かせるように考えて決めることが重要です。
企業を正しく見抜くためには事業内容や株価の状況を参考にすると効果的で、社員の年齢層や離職率などを見ながら選ぶことがポイントです。就職をするには安心して働ける企業を選ぶ必要があり、今後の人生を有意義にするように考えて決める方法が望ましいです。

企業を正しく選ぶために考えるポイントとは長く安心して働ける状況であるかを確認し、企業研究を入念にしてから判断して決める必要があります。
(40代 女性 サービス)

5.企業の実力を見極める

 
企業の実力を見極める方法はそう簡単ではありません。そもそも実力とはなんでしょうか。
一番大事なことは会社が永遠に継続することだと思います。
今華やかな会社でも10年後に存在していなくては実力がなかったと言わざるを得ません。
実力とは目立たなくても、売り上げをしっかり伸ばし収益を上げることではないでしょうか。
このような実力のある会社は日本中に幾つもありますが、個人ではとても調べ上げることできません。  

新聞には個人では得にくい情報が盛りだくさん載っています。全国紙でもいいですし、経済関係の新聞でもいいでしょう。
特に経済紙や産業紙、業界紙等は情報の山です。  

情報を集め企業の実力を見極めましょう。
先ずこの企業の業態は30年後も存在するかとの疑問です。変化の速い今日、その見極めは難しい。
そこでポイントになるのは経営陣の柔軟性です。旧態依然に固執する会社は駄目です。頭の切り替えができる会社かどうかの情報を集めることが大切です。最後に財務力です。同業他社と比較して遜色ないか調べます。
自己資本比率の高い会社であっても、これを有効に使っていないと評価できません。  

企業の実力を見極めには判断ミスがつきものです。
しかし自分自身で判断したものであれば納得はできます。さらに今後の会社の見極めの糧となに違いありません。
(50代 女性 飲食店)

6.慎重に職場の雰囲気や人間関係をチェック

 
求人情報を選ぶ時は慎重に職場の雰囲気や人間関係までもチェックしてから決めたほうがいいです。
私は何も考えずに若気の至りで退職をしてしまい、アパートの家賃が払えなくなり、焦って転職活動をしてしまいました。

そして、てきとうに決めた事務職の仕事に転職して、そこで、イジメにあってしまったのです。
その職場はもともとギスギスしていて、失敗した・・・と思ったのですが、ポジティブな私は、なんとかなじもうと努力をしたのです。

しかし、仕事を続けていく上で、これほどのストレスはないというぐらいひどいイジメを受けてしまったのです。
仕事を普通にすることができないくらい業務を邪魔されたり、悪い噂を他の社員に流されたりもしました。
お弁当を隠されたりしたこともあります。結局は、3か月も持たずにその会社を辞めることになりました。
今は、無職のままで、1度実家に戻り、再起を図っています。

しかしながら、既に転職回数が3回にもなってしまってブランクもあるし、イジメがトラウマのようになってしまったので、出直すにはまだちょっと時間がかかってしまうかもしれません。
これから転職活動を始めようとする人で、求人情報を探している方は、慎重に選んだ方がいいですよ。
(30代 男性 サービス業)

7.待遇を鵜呑みにしてはいけない

 
求人情報を選ぶ時は、募集要項に書かれている待遇を鵜呑みにしてはなりません。
なぜなら、書かれているのは最高の場合の待遇であることが多いからです。
求人情報には良いことばかりが書いてあり、デメリットは隠されていることが多いのです。
企業側としては、一人でも多くの人材に申し込んで欲しいので、デメリットはあえて書かないのです。
それはそれで仕方がないのですが、隠されてるデメリットが大きかったら、転職した後に後悔してしまうので、しっかりと見極める必要があります。

まず、給料ですが、高い給料額が書かれている場合でも、その給料が本当にもらえるのか?しっかりと確認した方が良いでしょう。
確認してみたら、それは成果主義で一番売上をあげた人のマックスの給料額だったりするのです。
つまり、成績で一位をとることができなければ、その高い給料はもらえないということです。
普通の人の場合の給料はどれくらいもらうことができるのか?それを確認した上で、あらためて、その求人に申し込むべきなのか?再度考えてみましょう。

あまりにも待遇が悪ければ、いくら魅力的な仕事内容でも続けることができないでしょう。
転職回数は増やさないほうが良いので、長く続けられる求人を探すべきです。
(50代 女性 販売)

8.求人情報の探し方と企業の選び方

 
後悔の無いお仕事探しにする為には求人の探し方が大切です。
納得のお仕事探しにする為にはいかに良い求人を見付けるかがポイントの一つになりますので、情報集めに力を入れる必要があります。

情報集めの方法についてですが、大切なのが複数の求人サイトのチェックです。
今や求人情報はネットで探す時代ですので、求人サイトも数多く存在し、沢山の求人が掲載されています。
お仕事探しをする際には職業安定所を利用するのが定番でしたが、職業安定所の求人情報もネットでチェックする事ができますので安心です。

多くの求人サイトは毎日のように情報が更新されますので、小まめにチェックして情報を集める事が大切です。
満足度の高いお仕事探しにする為にはどの企業に応募するかという事も大切ですが、企業の選び方としては、まず自己実現できるかどうかがポイントです。

人はそれぞれにやりたい事があるものですが、やはりやりたい事を実現できる企業の方が長く勤め易くなりますし、楽しさも感じられるものではないでしょうか。
自己実現ができる企業の方が満足度も高くなるものですので、その為にも理想とする働き方ができる企業なのかどうかを見極める必要がありますし、入念に企業研究を行う事が大切です。
(50代 男性 福祉)

9.社員をほめて育てる企業は実力がある

 
社員の教育が行き届いている企業は実力があり、成長し続ける企業だと思います。

 ホームセンターを例えにとってみると、欲しかった商品がなかった場合、店員さんに尋ねて見ます。
その時に誠意を持って受け答えをしてくれると、好印象を持つことが出来ます。
が、探しもしないですぐに、「ありません。」と言われてしまうと、がっかりしてしまいます。
「ありません。」と言ってしまうこと事態その店は欠品があり、売ることが出来ないので当然売り上げも延びません。人によって受け答えが違うのも教育が行き届いていないということになると思います。店内放送や業務連絡を聞いても、実力がある企業かどうかも分かります。暗いアナウンスや早口だったりすると商品を買う気にもなれないと思います。

 私が前にパートで働いていた職場には変わった規則がありました。
「上司は威張らない。」「陰口を言わない。」というものでした。
始めは当たり前のことなのにと気にもしていませんでしたが、中へ入ってみると、社員が悪口を言っていたり、いじめがあったりと、見ていられない状況でした。その上司は威張りながら、自分は今まで厳しく教わってきたと言っていました。が、その結果、せっかく入ってきたと思ってもすぐに辞めていくパートさんが多かったです。
やりがいのある仕事だと思いこの仕事を選んだのですが、このような規則がある時点で、見極めて辞めるのが正解ではなかったのかと思いました。

 子供達を見ても言えることですが、お手伝いをしてくれてありがとう。
「すごいね。」「よくできたね。」とほめると、自分は必要とされているんだと感じ、喜んでもっと、もっとたくさんお手伝いをしてくれます。もちろん厳しさも大切ですが。

 企業も同じことで、ほめられて悲しくなる人はいないはずてす。
ほめられることでやる気もアップするし、アイデアもたくさん出てきたりもすると思います。職場の雰囲気も明るくなります。
 社員をほめて育てる企業は実力があると思います。
(50代 男性 建設業)

失敗しない転職をするためには情報収集が必須

転職には想像以上に時間がかかります。
人によって、すぐに転職ができる方・できない方もいます。
在職中に転職する方も多いので更に時間制限を受ける方もいます。

会社によっても違います。また転職したくても、会社を辞められない場合もあります。

そのような方でも転職を成功させる方法はあります。

自分がどうしたいのかハッキリとしたビジョンを持ち転職準備に余裕を作る事で転職を成功させることができます。

このページの先頭へ