タクシードライバーの給与体系を徹底解析!賃金体系・最低賃金・完全歩合などを比較

タクシードライバーの給与体系を徹底解析!賃金体系・最低賃金・完全歩合などを比較

タクシードライバーの給与体系を徹底解析!賃金体系・最低賃金・完全歩合などを比較
タクシードライバーの給料体系はどんな仕組みになっているのか。
多くの方が歩合制と回答するかと思いますが、実はこの「歩合制」にもいくつかの種類があります。
ここでは複数ある給料体系をご紹介し、その意味と詳細をお伝えしていきます。

3つに分かれるタクシー業界の賃金

タクシードライバーの3つの賃金形態は、
「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」と大きく分けて3つに分類されます。
それぞれ固定給、歩合給の仕組みが違うため、働き方によっては大きく給与も変わってきます。
個人の志向によっても好みが分かれるところでもあります。

【A型賃金】固定給+歩合給+賞与

一般企業と同様な賃金形態で、今のタクシー業界では少なくなった賃金形態です。
安定した賃金形態ですが、固定給額が大きいぶん、歩合率は他の賃金形態に比べ少なくなります。
固定給の部分は定期昇給していくので、減益やコストの上昇によっては経営を圧迫するため
会社のリスクになる為徐々に少なくなっていきました。

【B型賃金】完全歩合制

いわゆる完全歩合制が、この賃金形態です。
「A型賃金」に比べて歩合率が高く、売上が多いほど自分の取り分も大きく増加します。
経験豊富でコンスタントに売上を上げられるベテランドライバーの方などは、
しっかりと稼ぐことの出来る為、向いている形態です。

【AB型賃金】A型賃金とB型賃金のハイブリッド

タクシー会社の中で一番多く取り入れられているのが、このAB型賃金です。
固定給部分、歩合給部分をそれぞれ時間に換算し、それらの合計額と最低賃金額を比較し計算されます。
算出された月給の中から積立金をプールし、年2~3回の賞与として支給する賃金形態です。
A型賃金の安定性と、B型賃金の頑張りが反映される歩合給の、2つのメリットを併せ持っています。
頑張れば頑張るほど稼ぐことが出来るので、やりがいを感じることができ、
月々の給与も平均的に貰えるため、生活の安定も手に入れることが出来ます。
また、売上の一部を積み立てる特性上、貯蓄性のあるシステムともいえます。
貯蓄が苦手な方や、あとからご褒美がほしい方などには、人気のある賃金形態です。
しかし、会社により歩合率や積立金の算定率が異なるため、
求人情報から正確な給与を把握するのは少々難しいです。
会社説明会などに足を運び、詳しく質問をしてみると良いでしょう。

このページの先頭へ