ドライバー・乗務員の求人や転職で失敗しないためのノウハウ

ドライバー・乗務員への転職で注意するべき前提はまず会社選び

タクシー転職

「家から近いから」
「タクシー会社なんてどこも同じでしょう?」
「やる気次第だから、どこでも活躍できるよ」

転職を考えて、求人情報を見ているときに
こんなこと考えていませんか?

実は、会社によってはそれぞれに強みや弱みがあり、
そのメリットを活かすことで、またデメリットを補うことができることで、
営業のしやすさ、働きやすさ、職場の雰囲気が変わります。

結果的に、年収も変わってきます。

会社選びは、勤務がしやすいかが選ぶ大きなポイントですよね。

もちろん家から近いことも選択肢の1つかもしれません。

ただ、まずは見て、考えて、ほしいことがあります。

転職する前提をぶらさないように考えていきましょう。

転職に失敗すると「時間・お金・あなたの将来」を失う

会社には大きくわけて、2つのタイプに分かれると思います。
社員を使って、社長や上層部がお金儲けをしたいため、賃金は安く・長く働かせたい会社
いわゆる『ブラック企業』

社員の事を考えて、一緒に成長しよう、一緒に稼いでいこう、しっかりと家族も守ってくれる
いわゆる『ホワイト企業=転職するべき会社』

の上記、2つがありますよね。

転職先を間違えると、

「時間」「お金」「将来」

の大事な3つの要素を失ってしまいます。

転職するべき会社に入れたら、
「時間を有効に使えるようになる」
「お金を十分にえることができる」
「安定し、目指していた将来を手に入れることができる」

この3つを手に入れることができます。

タクシー会社でブラック企業の例

タクシー会社の中でもこんな処遇の会社はブラック企業になるかもしれません。
気をつけてください。

・事故保障がない
・知名度があまりない会社
・社員教育に力を入れていない会社
・福利厚生などの管理が不明確
・稼働率や平均売り上げを公表していない会社
・「優良事業者」以外の会社 Cランク注意(※東京都の場合)

上記でよく言われるのは、
「事故を起こしてしまった場合は、修理代が自己負担になる」
「給与から車両のリース料として、利用料を引かれている」
「売上を上げても、一定数しかインセンティブが支給されず、次月以降への積み立てもない」
など、最悪なパターンがあります。

思いきって入社した後に、こんな現実だったことを知ったら。。。

まずは、どんな会社なのかを明確に知ることが大切です。

転職するべき会社はこんな会社です。

下記のような条件を満たす企業は、転職先として、選んで良い会社です。
この条件を満たすところから、会社を選ぶことをお勧めします。

・事故保障や違反金の立て替え/会社負担がある
・いわゆる大手(みんなが名前を知っている)の会社
・売上金額を公表している/増収増益を続けている会社
・社員教育やステップアップが明確な会社
・車両や施設、福利厚生などの設備が十分に整っている会社
・「優良事業者」と認定されている会社

上記でよく言われるのは、
「安心して働けるし、何かあっても会社が頼りになると思いきって働ける」
「日本交通やkmなど業界以外の人でも知っている会社は、家族や友人にも相談や話題に出しやすい」
「増収増益を続けている会社は、社内も活気があって働いて楽しい」
「タクシードライバーや乗務員から、運行管理者や人事、経営など将来を見据えた働き方ができる」
「働いているだけが仕事ではなく、休むことも仕事の1つ。安定した勤務ができる」

など、思わず「そこで働きたい!」と言ってしまいたくなることがたくさんあります。

働くならこんな会社がベストな選択です!

どうやって転職するべき会社に入社するの?

タクシー転職ガイドでは、下記の企業への転職をオススメしています。

日本交通グループ 大国自動車交通株式会社

まずは、話を聞いてみませんか?

・事故保障制度がある
・業界最大手の日本交通グループ
・7年以上連続で増収増益を続けている
・ドライバーから運行管理者や人事、経営、子会社の社長など明確なキャリアパスがある
・引っ越し補助金や給与保証はもちろん、休める仕組みや配車アプリや無線など営業ツールが揃っている
・「優良事業者」に認定されている

上記の条件が揃っています。

他にも、オススメな会社を紹介しているので、参考にしてみてください。

タクシー会社おすすめ 5選 この内容を参考にして、検討している会社と比較してください。

このページの先頭へ