面接時のマナー

基本的な面接マナーのポイントを抑えて、面接に挑みましょう。
タクシードライバーは接客業なので、そのことを忘れずに礼儀や態度に気をつけることが大切です。

面接までに準備すること

面接時の服装は?

基本的には一般企業と同じように、スーツやジャケットを着用します。
着用できない際には事前にタクシー会社へ連絡を入れておきます。

タクシードライバーの面接で必要な事は?

運転経歴書の提出を求められることもありますので、運転に関する経歴(事故・免許の点数)をまとめておきましょう。
運転することが仕事なので、こちらは採用基準のひとつとなります。
また、面接中の態度や言葉遣いには気をつけましょう。
乗務は運転することと同時に最低限のお客様とコミュニケーションが必要となります。
緊張感をもって面接を成功させましょう。

未経験者の方の注意点

未経験者歓迎の会社がとても多くなっていますので、問題はありません。
とにかく自分のやる気をアピールして、接客業ということを忘れずにしましょう。
また、地理に詳しくなくてもマイナスポイントとはなりません。
社内研修やカーナビなどでこれからしっかりと覚えていきましょう。

履歴書・職務経歴書について

履歴書と職務経歴書は、採用・不採用を判断する大事な書類です。

記載した内容は面接時でも聞かれることだと思いますので、当日までにしっかり説明できるよう整理しておきましょう。
丁寧に作成していれば、手書きでもパソコンからでもどちらでも大丈夫です。

郵送を求められる場合もありますので、送付状をつけて送るようにしましょう。

面接当日のマナー

身だしなみを整える

面接を受けるにあたって、身だしなみを整えていくことは当然のことです。
第一印象を大事に見た目の清潔感を意識してください。
スーツや髪型、髭に気をつけましょう。

遅刻厳禁

会社には10分前には到着するようにして、時間に余裕をもって行動しましょう。
どうしても遅刻してしまうようであれば、事前に連絡を入れてください。
会社に入る前に携帯電話の電源も切るようにします。

入室・退出時

面接場所に出入りする際は、ノックをして(ドアがある場合)明るくハキハキとした声で「失礼いたします」「ありがとうございました」を言いましょう。
正しい立ち振る舞いで好印象を与えることができます。

緊張感を持ち、しっかりとした対応を

姿勢を正しくして、はっきりと話すことがとても大切です。
面接担当者の目を見て、話す内容をまとめ敬語にも気を配りましょう。
ウソや見栄を張らずに、自己PRをして誠実さをアピールしてください。

このページの先頭へ