タクシーの地理試験とは?

タクシー業務に必要な地理試験とは?

地理試験が必要となる地域

地理試験なんてタクシードライバーを経験したことがない方には、聞いたこともないかと思います。
タクシー転職をする際には、必要となる知識なのでチェックしておくといいでしょう。
地理試験合格が必要な地域とは?

東京23区と武蔵野市、三鷹市
神奈川県横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市
大阪市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、摂津市、島本町、豊中市、吹田市、
東大阪市、八尾市、守口市、門真市、堺市、高石市、泉大津市、和泉市、忠岡町

これらの地域は、東京・神奈川・大阪の中心として、乗車率も高くなってきています。
また、道路も混みあっいるため、そこでタクシードライバーの質をあげる必要があります。
そのため、地理試験必須となるのです。

地理試験概要

試験内容はそれぞれの地域により、異なります。
東京タクシーセンター・神奈川タクシーセンター・大阪タクシーセンターで実施され、40問出題されます。
80%以上が合格ラインとなります。

地理試験の内容

地理試験の問題は、地図上に表示してある主要の幹線道路、地図上に表示されている主要施設を回答するものが25問出題されます。
その他には電車の駅や大きな施設などが市区町村のどこにあたるのか。
乗車地から降車地までの最短経路を問われるものもあります。

●道路に関する問題
●地名の読み方
●署名建造物について
●公園、名所、旧跡等
●鉄道駅の場所

地理試験の勉強方法

大手タクシー会社になると、研修制度が充実しており、地理試験対策なども行っています。
地理試験のポイントなどわかりやすく解説してくれて、アドバイスなどいただけた方もいます。
覚えることは多くあるかと思いますが、地理試験対象地で営業活動を行う方には必要な情報です。
会社で勉強できない方は、タクシーセンターが販売している過去問題などもあります。
また、地理試験対策のセミナーや学校などもあるそうなのでそういった場所で試験対策するのもいいでしょう。

地理試験は基本問題と応用問題から成り立っているので、まずは基本問題を正確に覚えることが合格への近道です。

40問の出題に対して80%以上の正解で合格となります。
32問以上正解すれば合格です!しっかり試験対策をしていけば、大丈夫です。

地理試験の合格率

一般的には、4割前後の合格率といわれています。
年に一度の難しい試験とは異なりますので、何度も挑戦できますよね。
対象地域でタクシードライバーになるために、頑張って勉強してください!

このページの先頭へ