タクシードライバーへ未経験から転職する際に必要な知識とスキル5選

未経験からタクシードライバーになるには

タクシードライバーに転職したいという人は、意外と多いというのをご存じでしょうか。ただ転職を決意する際に、必ず気になる要素の一つに「未経験でも大丈夫か」ということが挙げられると思います。転職サイトや求人広告でもよく、”初心者歓迎”や”未経験者可能”と記載されていたとしても、実際の現場は違ったらどうしようと不安に思う方もいるでしょう。
しかし決まった資格とスキルを持ち合わせていれば、未経験や初心者でも問題はない仕事です。また近年では、女性のタクシードライバーも増えてきているため、性別に関係なくチャレンジできる仕事になりつつあります。ここではタクシードライバーに最低限、必要な知識とスキルを5つ選び、ご紹介していきます。

必要な知識とスキル5選

■二種免許の取得
まずタクシードライバーとして、実際に街へ出て仕事をするには二種免許というものが必要不可欠となります。しかしこの二種免許を取得するにも、第一種免許を持っていて、免許を受けてから自動車の運転歴が3年以上であることが条件となります。また年齢制限もあり、21歳以上でないと第二種免許を受ることができません。ただ二種免許は、タクシー会社に就職してからでも取得が可能です。会社によっては、費用負担で最短9日で取得なところもあるのでご安心ください。

■視力・聴力の重要性
タクシードライバーは、視力や聴力も基本的な基準があります。視力は、片目ずつ0.5以上、両目だと0.8以上と第一種より基準が高くなっています。そして遠近感や立体感を測る深視力という検査があります。聴力は、お客様を乗せて運転する都合上、補聴器の使用は出来ません。お客様の会話や情報の交換によって、安全かつ的確に目的地に向かうことが可能なのです。

■自己管理がしっかりできる
運転が主な仕事のため、交通事故のリスクは常にあります。タクシードライバーの場合、毎日かなりの距離を走行するため安全運転を心掛けていても、交通事故は避けることは難しいです。そして勤務時間が不規則な場合も多いため、常に自身の体を休めておかなければ交通事故のリスクも高まります。このようなリスクを軽減するためにも自己管理は必要不可欠となります。

■接客スキル

タクシードライバーは、臨機応変な行動を心がけるサービス業でもあるため接客も大切な業務のひとつとなります。実際に急な用事の際に利用するお客様も少なくはないため、いつ何が起こっても対応できるコミュニケーションも大事になってきます。若い人からお年寄りの方、年齢や性別の異なる様々人が乗車します。ただ目的地に送り届ければよいというのではなく、お客さまが何を必要としているのかを敏感に感じ、しっかりと心配りができるよう目指しましょう。

■土地勘や観察力
勤務するにもタクシー会社にはそれぞれ営業所があり、自分の勤務したい営業所の地域の知識はあるに越したことはありません。ただ全国展開をしていて各地に営業所や支社がある場合、地域に根付いたタクシー会社でも地理に関する知識や地理試験は地域によって課せられることがありますが、研修や就業しながらで学ぶことが出来るタクシー会社もあるのでしっかりスキルを身につけていくことができます。また土地勘以外にも、”この時期は人気のイベントやっている”、”もうすぐ雨が降り出しそうだ”、”新しいお店が出来た”といった季節や時事の催事や天気・街の変化など、他の部分でもしっかりと観察して業務に活かせるスキルがあると、後に売上の収入アップにもつながるので習慣づけておくと良いでしょう。

最後に

このように5つ選んで取り上げてみましたが、実際に未経験者は、資格や特別なスキルなど持っていないのが普通です。そのため未経験からタクシードライバーになりたいと考えている方は、まず自分のどういうところが仕事において活かせるのかどうかを知ることが最初の第一歩になります。会話をするのが好き、道を覚えることが得意、運転技術がある、等あなたの誇りに思っているポイントが、転職の際にとても大きなアピールポイントとなります。
そして何より、未経験応募の求人が多いということは、それだけ未経験でもやる気がある方を待っていると企業側の気持ちを見抜くことも大事です。そこで自分の働きたい環境や将来のプランにあった会社を見つけていくと、あなたのタクシードライバーへの道も着実にステップアップするでしょう。

このページの先頭へ