都内のタクシードライバーに必須 地理試験とは?

地理試験ってどんなものなの?

タクシー運転手になるためには、地理試験を受けないといけないというけど、どんなものなの?

タクシー運転手になるためには、地理試験を受けなければならない地域があります。

地理試験受験が必要な地域

  • 東京都 [23区、武蔵野市、三鷹市]
  • 神奈川県
  • 大阪府

上記の、一都一府一県は、乗車率も高く、道路も混みあうため、運転が難しい地域とされています。
そのため、他にはない試験を受ける必要があります。

試験内容

  • 道路に関すること
  • 地名の読み方
  • 署名建造物について
  • 公園、名所、旧跡等について
  • 鉄道駅の所在

上記等の筆記試験になります。

問題数は、40問です。
32/40の正解で合格です! 正解率が80パーセント以上ですが、一般的な試験なので、事前に準備を行っていれば問題なく合格できます。
試験は、マークシート方式で、それぞれのタクシーセンターで受けることができます。

詳しくは、こちらのサイトをご確認ください。 → 東京タクシーセンター

地理試験のコツ

マークシート方式の試験のため、感で当てることができる!と考えることもできますが、意外と難しい問題もあるため、事前の予習が大切になってきます。

【過去問題】
下記のサイトに過去問題も配布されているため、一度見ておくことをお勧めします!

過去問題

タクシー運転手になるために、地理試験をパスしなければなりません。

乗務が始まると、人の多い地域や様々な地域にお客様を送り届けなければならないため、事前に地域について知っておくことは、とても重要なことです。
効率的な乗務のためには、しっかりと勉強しておきたいですね。

このページの先頭へ