都内のタクシードライバーで高歩合がもらえるオススメの転職情報

タクシー業界の一般的な年収は?

タクシー運転手の年収をインターネットで調べてみたものの、色々な情報がありすぎて実際の年収が分からなくなってはいませんか。東京都で働くタクシー運転手の平均年収は、東京都の≪乗務員登録者≫によると約410万円で、65歳以上の高齢者除けば、平均して年収は480万円にまでとなるそうです。しかし頑張り次第で年収・給料がアップする完全歩合制を採用している会社が大半なので、稼げる人と稼げない人の差は出てきます。中には年収が、800万円~1000万円以上という驚きの年収を稼ぎ出している方もいます。

3つの給与形態

タクシー運転手の給与月額は、≪A型≫≪B型≫≪AB型≫という風に、3種類の計算方法があります。タクシー会社によって採用している形態は、異なるのでどの方式が自分に合っているのか検証してみると良いでしょう。それによって合うタクシー会社、合わないタクシー会社を判断できるはずです。

■A型賃金…基本給に歩合給と賞与が加わる形態
タクシー運転手の独特の給与形態に「歩合給」がまず挙げられます。営業成績が反映される部分で、月々の売り上げがタクシー会社の定めた額面を超えた時に発生します。基本給に、定められた部分を超えた売上の金額が歩合給の対象となります。ただし、A型賃金形態を採用しているタクシー会社は近年ではほとんどなくなっています。

■B型賃金…完全歩合制
完全歩合制とは一般的に、基本給に加えて契約件数に応じた報酬をもらうことがです。タクシー運転手の場合は、走った距離と売り上げというのは基本的に比例する関係あり、頑張りが最も分かりやすい形で反映されるのがこの賃金形態です。売り上げに歩合率を掛け合わせたものがそのまま給与になるため、実績を積めば積むほど給与月額は高くなります。

■AB型賃金…基本給に歩合給と賞与が加わるA型とB型の中間形態
多くのタクシー会社はこの方式で、給与を算出しています。基本給に歩合給と賞与が加わるところはA型と同じですが、こちらは基本給の部分についてもタクシー会社によって取り扱いが異なり、どちらかというとB型賃金の特徴が強く出ています。B型賃金との大きな違いは歩合給を丸ごと月給に反映するのではなく、一部をプールして賞与に分配するところです。A型よりも営業成績が強く反映される上に年間を通して給与が安定しやすいという魅力があります。

稼げる人の特徴

では、タクシー運転手は収入に差が出る職業のため、「どうすれば稼げて、年収を上げることができるのだろう」と思っている方も多いはず。どの仕事にも言えることですが上手く稼ぐにはコツがあり、それを意識しなくても出来ている人がトップの収入をたたき出しているのです。まずタクシーの営業方法は、タクシーを走らせて自らお客様を獲得する”流し営業”、駅や空港のタクシー乗り場でお客様を待つ”付け待ち営業”にわけられます。付け待ち営業は、他社含めて多数のタクシー運転手が、お客様が回ってくるのを待っているので、その分時間のロスが発生します。稼いでいるタクシー運転手は、付け待ち営業に頼らず、自ら積極的にタクシーを走らせて、お客様の獲得をしています。例を挙げると、1日の勤務で300km以上も走らせている運転手はざらにいます。またその長距離のお客様を見極めたり、天気や時事・季節のイベントなど事前に情報収集をしっかりする人は稼働率が良いと言えます。そのため時間帯や天気によって、駅や空港などで付け待ち営業、しっかり走る流し営業をうまく組み合わせて、オリジナルの走り方を確立出来るとかなりの金額を稼ぐことが出来るようになるでしょう。

自分に合ったタクシー会社を見つけること

上記の説明で、稼げる人のコツを紹介しましたが、重要なのはそれを実施する前に自分と相性が合うタクシー会社を見つけないと稼ぐことは難しいです。車であれば道路がないと走れないというに、基礎や体制が整っていない会社に就職して必死に頑張っても稼げないというパターンも少なくありません。そのため、良い会社を選ぶにあたって「歩合率はどうなのか?」「専用乗り場を多数持っているかどうか?」「離職率はどの位なのか?」も抑えておきましょう。またタクシーで効率良く稼ぐには、タクシー需要が全国で1番の東京で営業するのが一番ですが、タクシー激戦区だけあって数多くのタクシー会社があります。ではどの会社を選べばいいのか、自分一人で探そうと思っても、限界があります。そんな時はまず大手のタクシー会社を比較することをお勧めします。会社によっては、随時説明会を開催しているところもあるので、希望条件や聞けなかったことなどもわかる良い機会となります。タクシー業界に転職して収入をあげたいと考えている方には、ぜひこの情報を有効活用していただきたいです。

このページの先頭へ