タクシードライバー、面接の服装

top

タクシードライバーの面接の時、服装に困ってしまう方が意外と多いようです。タクシードライバーは、勤務時には制服である場合がほとんどなので、自由な服装でと言われてもどのような服で行ったら良いのかと考えてしまいますね。今回は、タクシードライバーの面接時の服装について考えてみたいと思います。他のサービス業の面接や普段の身だしなみにも参考になるかと思いますので、是非参考にしてみたくださいね。

面接時の服装

まず面接時は、やはりスーツが無難なようです。転職活動の面接のため、必ずしも黒のリクルートスーツで揃える必要は無いかもしれませんが、暗めの色のスーツが良いようです。白いスーツ等は、あまりおすすめしません。スーツを選ぶ際は、男女共に肩に合ったサイズで、長さも丁度良いものを選ぶことが必要になります。スーツの肩部分が合っていないと、頼りなさそうに見えたり、仕事ができない人に見えたりしてしまうようです。普通の色のスーツは、使う機会が多々あると思いますので新しく買い直しても良いかもしれませんね。大切なのは、ブランドや値段ではなくサイズ感が合っている事です。

女性の転職

sub_1女性は、メイクや髪型等、男性よりも気にすることが多いですね。タクシードライバーの面接では、接客業という事を意識した明るい印象を残せるようにしたいですね。髪は、肩よりも長い場合は結びましょう。とても髪が長い場合は、少し切るかシニヨンヘア(お団子スタイル)を作っても良いでしょう。梅雨時期に入ると、紙が広がったり短い毛がはねたりしがちなので、ハードスプレーやワックスを使ってみましょう。この時、白く固まって残らないように注意が必要です。合わせ鏡で確認するとそのようなことが防げます。メイクに関しては、薄い暖色系を随所に使うのが、日本人の顔にはおすすめです。若い方なら、アイシャドウをピンク色にしても顔が明るくなり良いでしょう。チークは、スーツの場合オレンジよりもピンクの方がきちんとした印象になって綺麗に見えるようです。マスカラは、ダマができないように丁寧に塗り、清潔感を失うことが無いようにしましょう。リップの色は、血色が良く見えるものを選び、あまり赤すぎるものは避けましょう。うすいピンク色がおすすめです。ネイルは、何も塗らないか、綺麗に見せたい場合は透明、ピンク、オレンジ、ベージュが良いと思います。ピンクであれば、濃い色の物は避けて桜貝色、オレンジは透明感のあるオレンジベージュのような色を選ぶと綺麗です。また、ベージュは白すぎるベージュを選ぶと、肌の色によっては浮いて見えることがあるので自分の肌に合ったベージュを探してみてください。

面接時の服装、男性の場合

男性の面接は、さわやかで清潔感のある姿を意識しましょう。髪は耳にかからない長さになるべく切るようにしましょう。これから暑くなる時期ですが、出来るだけハンカチやタオルを持参して、好感度の高い姿を意識してみましょう。また、ジャケットは暑くても持参するようにしましょう。スーツを着用している時のバッグですが、A4サイズが皺無く入る、通常のリクルートバッグやビジネスバッグが良いと思います。リュックやセカンドバッグのようなカジュアルなものを持っている方もよく街で見かけることがありますが、面接のときは普通の物を持っている方が無難です。

面接のポイント

タクシードライバーは、サービス業です。第一印象がとても大切な仕事です。また、働きたい思いや、やる気を大切にしてくれる会社も多いです。是非リラックスして臨み、面接の時に自信をもって笑える自分でいられるように服装を整えていきたいですね。
サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ