羽田空港のタクシー

名称未設定 7

羽田空港のタクシーについて

空の玄関口である空港には、日々たくさんのタクシーが出入りしています。
今回は羽田空港にスポットをあてて、タクシーを見ていきます。

どんな利用があるのか

深夜帯の利用
電車やバスの無い時間に発着するような特別臨時便や、格安航空会社のフライト等のために、
空港に寝泊りしたりタクシーを利用したりする人も居ます。
深夜時間帯も、空港周りはタクシーが走っていることが多いです。

航空会社職員の利用
一部航空会社では、タクシー会社と提携を結んでおり、深夜・早朝の出勤退勤時の送迎を行っています。
羽田空港では、24時間航空機が発着するので、それに伴って絶えず乗務員や空港職員が行き交っています。

定額利用サービスとは?

お得な定額利用サービス
空港への送迎には、都内、あるいは県内主要都市からの定額輸送サービスを行っています。
電車やバスなどを使うよりも、相乗りすれば、場合によっては割安になることもあり、荷物の多くなりがちな旅行などに重宝されています。
また、自宅から空港への送迎に、自宅の場所のエリアごとに定額制を設けている会社も多いです。
日本交通では、例えば新宿区からは一律6800円等、お得な定額サービスを実施しています。
ただし、自宅の場所によっては定額よりも通常料金のほうが安くなる可能性もあるので注意が必要です。
2015年3月に中央環状線品川線が開通したため、定額制料金の運賃も改正が入りました。
訪日外国人観光客の多い千代田区は、これまでと比べて割安になり、ますます利用しやすくなっています。
また、もともと5000円以下で利用できる中央区・港区・江東区・大田区・品川区・目黒区には、設定がありません。

予約無しでも乗車可能に
2015年4月に羽田空港国内線ターミナルに定額制運賃タクシー乗り場が開設され、
ここからなら予約が無くても乗車が可能になりました。
高速料金や、深夜料金は定額料金にプラスされます。
東京・神奈川合わせて23の区と市が対象で、
メーター料金が3500円以内の地域は対象外となっています。

名称未設定 6

進化する国際線のタクシー

国際線ターミナルには、「外国人旅客接遇研修修了者専用レーン」が設けられていて、
そこに来るドライバーは、全員研修修了書を携帯していなければいけないと定められています。
外国人旅行者へのさらなるサービス向上を目的とした施策で、とてもおもてなしの心を感じます。
これから東京オリンピックに向けて、こうした流れはさらにタクシー業界に顕著に出てくることでしょう。
コンテンツ一覧
-->

このページの先頭へ