土日休みのできる転職先ならタクシードライバーがおすすめ!

これから転職活動を行う時には、休日について考えてみるのも良いかもしれません。土日休みや平日休みに自由度があれば、ライフスタイルをよりクオリティの高いものにできるはずです。
そこでおすすめと言えるのがタクシードライバーなのですが、どんな働き方をするのか紹介していきましょう。

生活に自由が生まれる

家庭や自分の時間を犠牲にして働くのは避けたい、そんな風に考えている人は少なくないはずです。ゆっくりと家族との時間を持つができる、あるいは自由に自分の時間を持つことができる、といった働き方ですと人生にも潤いが与えられます。_x000D_
都合良くプライベートを充実できる仕事などあるのか?そんな疑問を抱く人もいるかもしれませんが、タクシードライバーなら理想的な生活を実現可能。この仕事は休みを調整できるために、週末はゆっくりと休んで家族サービスをしたい、空いている平日に出掛けたいなどの希望を簡単に叶えられます。タクシー会社自体が年中無休でサービスを提供する業種ですので、そこで働くドライバーも、平日や土日は関係のないシフトを組むことが可能です。シフトの構成に裁量を持たせている会社も多いため、自身や家族の予定を考慮しながら働くことができます。_x000D_
転職の場合ですと、なかなかこれほどの自由がある仕事はありませんので、休日の問題における条件で考えると大きなアドバンテージがあると言えそうです。従って、もっと時間に自由が欲しい人には、タクシードライバーが正に打ってつけの転職先です。

残業で遅くなる心配はない?

土日や平日に自由に休めるのは大きな魅力。ただ、実際のところ、残業で遅くなり時間が潰れてしまうこともあるのではないかと心配する人もいることでしょう。実際、求人の段階では魅力的なことを謳っておきながら、いざ働いてみたらイメージと違ったというケースは珍しいものではありません。しかしながらタクシードライバーは、残業に関してそれほど心配する必要がない仕事で、しっかりと自分の時間を持つことできるのです。_x000D_
その理由は、法定外の残業はなしが原則だからです。労働基準法で働く時間に関して決まりが設けられていますので、違法な残業を課すことはできません。それでもある程度の残業はあり、特にタクシードライバーですと業務の性質上、定時には帰宅できないこともあるでしょう。しかし、大きく逸脱して残業することは基本的になく、帰りが遅くなる心配もありません。_x000D_
また、昨今は法定外の残業について厳しい世の中になりつつあります。もし、違法とみなされる残業を強いるようなことがあれば、たちまち問題となり社会から糾弾される可能性も否定できません。それゆえに、タクシー会社もドライバーの労働時間には厳しく目を光らせており、不当な働き方になる不安もないのです。

仕事としての安定性は?

休日の面についてここまで解説をしてきましたが、休みの大切も然ることながら安定性の面も無視することはできません。根本的に生活が成り立ちにくいようでは仕事として選び辛いはずです。待遇面に関しての安定性にも触れてみますと、給与体系には種類があることを理解しておく必要があります。_x000D_
ひとつはA型賃金と呼ばれるもので、固定給+歩合給+賞与で構成されるパターンです。この給与体系ですと固定部分があるために安定して収入を得られるのがメリットです。経験次第では昇給を望むことができます。その上で歩合給や賞与も付くため、安定して働ける仕事を求める人にも安心と言えるでしょう。_x000D_
次に挙げられるのがB型賃金。完全歩合給になっているのが大きな特徴で、頑張りがダイレクトに反映されてくるために自分の力を試すこともできます。経験者の場合ですとこの給与体系の人気が高いです。_x000D_
最後にAB型賃金が挙げられます。これはA型とB型がミックスされた給与体系のことで、給与の一部を積み立て、年2~3回の賞与にて支給するというもの。固定給の安定性のメリットを備えつつ、成果報酬の面でも割が良いことがあります。昨今では多くのタクシー会社が採用する給与体系です。_x000D_
これらのいずれかが待遇の基本となるわけですが、B型賃金を除く給与体系ですと安定して働けると言えそうです。もちろん、ゆくゆくは完全歩合でしっかり稼ぐこともできるため、働き方に広がりを持たせることが可能です。

転職に成功できるかどうか

タクシードライバーを目指すにしても、そもそも転職ができるのか?もしかしたらこの部分が一番気になるポイントかもしれません。採用されなければどんな魅力も意味がないですから、どのような事情になっているのか知りたいところでしょう。_x000D_
成功の可否のその可能性についての答えは、チャンスは十分にあると言えるのが本当のところです。タクシードライバーの仕事は非常に間口が広いという特徴もあり、定年退職後の再就職先として選ばれることもあるほどです。ドライバーの平均年齢が約58歳とも言われる業界ですから、年齢を理由に遅いと考えるのは早計と言えるでしょう。また、未経験でも働くことができます。例えば、二種免許取得のバックアップがあることで、二種免許がない場合でも働くことができるのです。_x000D_
なお、昨今では女性のタクシードライバーも増えていると言われ、男性だけの仕事ではなくなっています。女性の場合ですと子育てをしながら働く、というケースもあると思われますが、時間的な余裕を持ちやすいこの仕事が適していると言えるでしょう。さらに、土日休みや平日休みが取りやすいことで、ゆっくりと家族との時間を持つことができる仕事を求める女性にもおすすめです。

コンテンツ一覧
-->

このページの先頭へ