個人タクシーに必要な資格や条件

名称未設定 2

個人タクシードライバーの資格や条件って?

タクシードライバーには、法人タクシードライバーと個人タクシードライバーがあります。法人タクシードライバーは、タクシー会社に所属して会社員として働くことを指すことが一般的です。また、個人タクシードライバーは、、個人で開業して働く形です。法人タクシードライバーになる方の中には、いつか個人タクシードライバーとして独立を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、個人タクシードライバーの条件やメリットデメリットなどを総合的にご紹介していきたいと思います。

個人タクシーになる条件

個人タクシーとして開業するには様々な方法がありますが、クリアしていなければいけない重要な条件があります。年齢は、65歳未満であること
、またタクシー会社等で10年以上働いていたこと、個人タクシーとして申請する日より以前に、3年間無事故無違反であることです。また、営業して良い区域も、法人タクシーと同様に営業区が分かれているので注意が必要です。個人タクシーを開業する方法は、新規に開業する・権利を相続をする・権利を譲渡するという方法があります。開業を本気で考える方は、この3つの方法でスタートできるように考えることが必要です。

個人タクシーのメリットとデメリット

sub個人タクシーの最大のメリットは、稼いだ売り上げが全て自分のところに返ってくるという事です。会社に所属すると、その分自分の手元に入るお金が減ります。しかし、個人タクシーにはデメリットもあります。会社に所属しないことで、会社の看板という信用が無く、売上に結び付けづらくなる場合もあります。また、会社に属していれば得られていた固定給や福利厚生という安定も無くなるのでつらいと感じる人も多いようです。また開業時に資金がかかるため、初期投資費用が無いと始めることができません。個人タクシー開業には、最低でも200万円以上の資金が必要なのではないかと言われています。そのため、踏み切るまでのハードルやリスクが高くなりがちです。

個人タクシードライバーと法人タクシードライバーはどちらが得か?

では、個人タクシードライバーと、法人タクシードライバーは結局どちらが得なのでしょうか。これは個人の生活スタイルによって変わってきますが、安定と高収入をバランスよく求めるのであれば、高水準でドライバーに還元される会社に所属して、生活の基盤を整えつつ高収入を目指すのが良い方法なのではないでしょうか。また、いつかどうしても個人タクシーの開業をしたいと思う方も、経験を積むことが必要ですので、まずは好待遇の会社で経験を積みつつ貯金をするのも一つの方法です。個人タクシーを開業するまでは、試験や申請のタイミングもあり、一般的には狭き門であると言われています。開業するまでに、しっかりと知識や技能の下地作りと、貯金をしておくことをおすすめいたします。

タクシー会社に転職するならおすすめの会社

タクシーへ会社の転職なら、日本交通グループの大国自動車交通がおすすめです。大国自動車交通なら、安定した環境でしっかりと稼ぐことが出来ます。ドライバー初心者でも、6ヶ月間は月給28万円の給与保証があります。給与保証が無くなってからも、平均的に30万円は稼ぐことができているようです。また、サービス業にはめずらしく日曜完全定休ですので、プライベートも充実させることが出来ます。遠方からの上京でも、家賃補助が年間24万円、上京の交通費も全額支給されます。大手日本交通グループの会社なので、福利厚生がしっかりしていますし、教育体制も万全です。6年連続売上ナンバー1の日本交通グループで経験を積むことは、タクシードライバーになる方にとって、きっと大きなプラスになるでしょう。
サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ