面接

面接に挑む際の心掛けについて

 
言うまでもありませんが、まず履歴書は丁寧に仕上げます。
面接当日は、指定がなければなるべくジャケットを着用して行きます。
色は黒、紺、グレー等が望ましいでしょう。

女性で髪の毛が長いばあい一つにプレーンで落ち着いた色のバレッタ等でまとめた方が良いと思います。お辞儀をしたときに顔にかかるのを防ぐためと、すっきり知的顏に見せるためです。
スカートには肌色のストッキング、プレーンなパンプス、胸元はあきすぎていないインナーやブラウスを着用すると良いでしょう。
鞄や時計は、ブランドものであっても良いですが、他人に反感を買いそうな高価なものは控えたほうが身のためでしょう。
面接官は、女性のばあいも男性のばあいもありますし、どのような年齢の方が見ても不快感を与えない格好を心掛けます。
靴は磨いて行きましょう。
男性であれば髭を剃るのはもちろんのこと、髪の乱れは整え爪の長さにも注意しましょう。
女性のメイクは、派手な色は控え、知的で清潔感を与えるようナチュラルに見せつつ、きちんとメイクすることをお勧めします。
面接場所に入る前の行動にも気をつけましょう。どこで誰が見ているかわからないものです。
遅刻しそうになって慌てて呼吸を乱して到着するようなことのないよう、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。
(30代 女性 事務)

面接のポイント 身だしなみ

 
まず面接で大切なのは面接官が自分に対してどういった印象をもつかということがとても大切だと思います。

まず身だしなみですね。
これは基本なのですがシャツの裾が出てたりポケットが出てたり服装をしっかりしてない人を採用しようと思いません。
服の着方ができていない人=だらしない人という印象をもたれてしまいます。
身だしなみといっても服装だけではありません。
髪型、眉毛、髭といった身体の身だしなみもあると思います。

企業や学校によっていろいろあると思いますが長髪で髭を生やしていて眉毛があまりに細い人にいいイメージが持てるでしょうか?
自分だったらいいイメージを持てないですね。

面接といっても話が上手くできたり考えをしっかり持っている人でも身だしなみ一つで台無しになってしまう可能性がでてくると思います。

どれだけ頑張っても身だしなみでいままでの努力が無駄になってしまうかもしれないのでしっかりなるべく派手にならない格好をすればいいと思います。

身だしなみで気をつけることは他にもあります。
鞄やスーツ、ベルトなどブランド品で揃えていくのはあまりお勧めできません。
ブランド品にはロゴやデザインがあり派手な物も多いと思います。
やはり面接官にはいい印象はもたれないと思います。

こういった身だしなみといったところは必ず面接官も見てるので気をつけていきましょう。
(40代 女性 ブライダル)

面接のポイント 行動

 
面接というと面接官の部屋の前で座って待っていて部屋を開けるところからが勝負!
と思ってる方も沢山いると思います。
ですがそうではありません。
会社や学校の敷地を跨いだ瞬間から勝負は始まっているといってもいいでしょう。

敷地内には関係者が沢山いると思います。
その人達からも見られているということです。

まず挨拶ですね。
挨拶がしっかりできない人は社会人としてなっていません。
関係者の方とすれ違ったり待ち時間のときもしっかりと挨拶をしましょう。

次に行動です。
先ほどもいいましたが敷地内に入ったら関係者が見ているということです。
ポケットに手を突っ込んで歩いたりツバを吐いたりガムを噛んだりと悪印象になることは普段やっても見られてなくても見られてるものです。

見ていた関係者の中に面接官がいるかもしれないし面接官に報告するかもしれません。
やはり面接が終わって家に帰るまで気を抜いた行動はできません。

普段の生活からでる癖なども他の人から見たら悪印象ってことはあると思います。
面接に行く前にそういったところを確認してから面接に臨むようにしましょう。

これだけ述べましたがまだまだ気をつけることは沢山あると思います。
日々の生活から見直していったほうがいいと思います。
(50代 男性 人事)

あまり気負わず面接に挑みましょう

 
面接に挑む際、部屋に通されてからは、面接官にすすめられてから着席するようにしましょう。
声はお腹から出すよう意識し、口先だけでボソボソ話している印象にならないよう注意しましょう。

緊張していても良いですが、時折なるべく笑顔を見せるよう努力しましょう。
面接官も人間なので多かれ少なかれ緊張しているものです。

自分の会社は気に入ってもらえるか、どんな人材が応募してきてくれるか、質問や説明は相手に正しく伝わっているか等。
だからといって面接官が、くだけた態度で接してもきても同じように態度を崩すようなことはないよう注意しましょう。

面接を行ったことがある立場から言わせてもらうと、あまり面接慣れしているような人はかえって印象がよくないことがあります。
いったい何社渡り歩いてきたんだろうと履歴書を改めて確認し、職歴が多いと人物に何か問題があるのでは、と勘繰ってしまうことがあります。
面接官が異性のばあいでも同性のばあいでも、目の前の面接官にこの人を雇いたいな、と思わせることが重要です。

ただし、他の社員も居る所で面接が行われた場合等、後に一緒に働くこととなる社員の意見を聞くことありますので、色々な角度からの目線も時には意識する余裕も大切です。
(50代 男性 管理)

サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ