過疎地こそ、ライドシェア

過疎地こそ「ライドシェア」

皆さんはライドシェアとはご存じでしょうか?
日本ではまだ聞きなれない用語かもしれません。
このライドシェアとは『同じ目的地へ行く人同士が乗車し交通費を負担し合う』という、
海外ではタクシーを利用する一つの乗車手段として普及しています。現在はタクシー会社が行っている配車サービスと連携しアプリを使用し相乗りできる人を探すなど、少しづつではありますが浸透してきています。たしかに見知らぬ人とは相乗りしづらいと思ってしまいがちですが、
同じ目的地で同じ趣味を持つ方と繋がりができたり、思いもよらぬ出会いがあったりとメリットもたくさんあります。

過疎地の現状

少し探せばすぐに見つかりちょっとした移動に都市部では便利なタクシー。ですが、過疎地では採算面から走っていない地域も少なくありません。タクシーの空白区に悩む地域や自治体は多く、対策が練られているのが現状です。また高齢化が進み、遠くへ出かけられずに困っている高齢者が『買い物難民』となってしまっています。こういった問題を解決するのにもアプリを使用し、ちょっとした買い物でもライドシェアが普及していければ打開策に繋がるとも考えられます。

過疎地でのタクシー革命

日本では一般ドライバーは乗用車で乗客を運び運賃をもらってはいけないという法律があり、運賃をもらうとなると「白タク」となり問題になりますが、地域再生に取り組むNPO法人では住民にドライバー登録してもらい、過疎地で困っている人や、観光客がスマートフォン・タブレットのアプリを使用して車を呼ぶと、登録ドライバーの中から時間に余裕がある人やスケジュールが空いている人が自分の乗用車で呼ばれたところに駆け付けるという仕組みで過疎地の活性化に繋がる取り組みを行っています。運行地域は限定されていますが観光地で過疎化が進んでしまったところでもこういった取り組みと合わせて、ライドシェアが参入していく価値は十分にあると思われます。

ライドシェアの未来

移動手段をお得に済ませる方法としてはライドシェアは非常に効率が良いです。観光地などでも公共交通機関はあるものの、乗り場が遠くて使いづらいという状況に置かれてしまっている方や、都市部では時期によって何十人もの待ち客による行列になることもあり、タクシー乗り場からはなかなか乗れないという状況に陥ってしまうこともあります。そこでこれからの未来としてはタクシー配車アプリと連携し、ユーザー登録さえできれば、乗車したい場所と目的地を地図上で選択するだけで、向かいたい場所が同じ人とマッチングし、配車を依頼するだけで最も近くにいるタクシードライバーが迎えにきて、指定した場所に向けて移動を開始するという時代が望ましいです。

このライドシェアサービスは少子高齢化、過疎地域の問題を解決すると考えられた内容でもあります。政府もお年寄りに向けた交通手段として拡大していくと打ち出しています。社会問題を解決する中でライドシェアという配車サービスで人との繋がりや助け合いが生まれてくれば、素晴らしい世の中になるだろうと考えています。

もし一般ドライバーにライドシェアが広がったとしても、タクシー業界は国と連携し大国自動車交通株式会社ならではのライドシェア活用法や対策をしっかりと作り、お客様に快適なタクシーをご利用していただける方法を考えています。
ぜひ転職をお考えなら、そんな未来ある大国自動車交通株式会社にぜひご応募ください!

サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ