陣痛タクシーって知ってますか?

陣痛タクシーってなに?


妊娠している方がいざという時、陣痛がきた際にタクシーで病院まで送迎してもらえるサービスなんです。
それが「陣痛タクシー」
会社によっては「マタニティタクシー」とも呼ばれています。

妊婦さんにとっては緊急時にタクシーがいつでも駆けつけてくれるとなると安心できるサービスのうちのひとつですね。

日本交通では東京23区、三鷹武蔵野市のみとなります。
kmタクシーでは東京23区、三鷹市、武蔵野市、横浜市南区、西区です。どのような仕組みになっているのか説明していきます。

事前登録をしてもらいます。

まずは陣痛タクシーを利用するにあたり、事前の登録が必要となります。
陣痛がはじまり、急いで病院へ向かうこともあることと思います。
そんななかで妊婦さんを安全に病院へ送り届けるために、事前に準備をしていきます。
タクシー乗務員には道案内をしていただくこともなく目的地の病院まで行くことができます。
事前登録にはお客様の情報に追加して、かかりつけの病院やお迎え先などが必要です。

利用の際はどのようにしたらよいか?

陣痛タクシー専用のダイヤルがあります。
通常のタクシーと同じように24時間365日対応していますので、陣痛がはじまり次第すぐに連絡してタクシーを呼んでいただけます。早朝、深夜でも問題なく利用できます。

今までの実績は?

日本交通では陣痛タクシーのサービスを平成24年5月から始めて、20,000件以上の登録と7,700件以上の利用をしていただいたそうです。
日本交通では陣痛タクシーは社会貢献の高さが評価されて、東京消防庁から感謝状を授与されました。

気になる利用料金は?

日本交通ではメーター料金730円~に追加してお迎え料金410円で利用できます。
深夜・早朝時間帯は割増料金になります。
また、20分以上の時間指定をする場合は、別途予約料金として410円かかります。
車のシートを汚してしまうなどがあった場合の費用は一切かかりません。
安心して利用していただけます。

陣痛以外の利用はできますか?

そんなことはございません。
定期健診や通院で必要の際はいつでもよんでいただけます。
事前登録があれば、利用することができます。
サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ