転職活動にかかる期間は?

職種経験があるのとないのでは・・・

 
この転職に掛かる期間ですが、これまでに全くの経験がない、ご自身にとって全く新たなる分野である。と仮定した場合ですと、一年が必要であるように思われます。
理由は、その職業に就かれた後でも、ある程度のアドバンテージを持って進めることと、保険といたしまして、そのご職業が駄目でも直ぐに次の、出来たら関連性のあるお仕事につける必要があるからです。

当然、接客業のかたは事務職にかわっても以前のご職業で培った技術や経験があり、こと対人面となれば、きちんとした応対が出来るでしょうが、転職後のお仕事のことを何も知らないままではなく、経理や会計など、そういった勉強をざっとでいいので一通りこなし、資格があるのならば、とってからのほうが無難です。

普通ですと、習うより慣れろ。で、ここでいえば転職後のお仕事をやりながら覚えて、そうすることで対応も出来るようになってくると思われますが、転職の場合ですと、まずは年齢からして周囲より上である可能性が高く、この為に会社側は給料面も考慮に入れなければなりません。

それに加えて、意気揚々とした若く有能なかたが、どんどんと進出して来ることが考えられますので、意気込みだけでは通用しなくなると思われます。ですから、準備期間がとても重要になってくるように思われます。
もうひとつ大事なことといたしまして、転職先でも会社に雇用される場合ですと、そこでは、以前のご職業で培った経験などは余り役に立たないもの。
と割り切って頂けるほうが宜しいかと存じます。
面接官のかたは、あなたの職種が全く違うことに違和感を覚えるでしょうし、そこを突いてこられるでしょう。
なので、以前のことはスパッと捨ててしまいましょう。

以前のことは捨ててしまえと書きましたが、実際には転職前のご職業の経験やノウハウの使いまわしが、何処かしらで活きてくるものです。
但し、これがうまく活かせない場合ですと、期待しておいた仕事と違う!と苦しむことになりかねず、転職して心機一転のはずが、いつまで経ってもうだつが上がらないということになりかねません。

これらを鑑みた結果、これまでに就いておられたご職業と全く異なご職業への転職に掛ける時間は、頑張った上での一年。であるように思われます。
それ以上になりますと、ご家庭がある場合は勿論、そうでない場合でも、周囲からの陰口にその身を晒すこととなりかねませんので、注意が必要です。
(40代 男性 タクシー乗務員)

転職に必要とされる期間は?

 
一言で転職活動と言っても様々な方法がありますから、かかる時間も同じくバラバラというのが現状です。
例えばハローワークや求人雑誌であれば、書類選考は即実施されますし仮に面接などを行って選考に必要とされる時間は1~2週間程度ではないでしょうか?

しかし、求人サイトなどを利用するとかなり事情が変わってきます。
求人サイトの場合、まずは自分自身の登録から始まりサイト上でのWEB履歴書の作成、スキルなどの登録等たくさんの登録作業があります。

もちろん情報の登録には、転職に関する希望事項などが含まれ全て登録していかないといけないのです。
登録の内容しだいで、入ってくる情報に大きな差が生まれますのでこの作業は手抜きし無い事、これが転職活動の期間を短縮する一つの方法かもしれません。

今回はこの求人サイトに関する転職活動の必要期間についてお話しようと思っていますが、実際自分の登録内容にマッチした求人はどんどんメールとして送られてきます。
大手企業から中小企業まで色々ありますが、その全てに応募する事が可能。

しかし同じように求人サイトを介して応募する人も多数いますから、意外と狭き門という場合が多いのも特徴です。
また応募の期間や選考に掛かる時間が長いというのも大きな特徴で、もし現在働いているのであれば離職する時期なども検討しておかないといけません。
しかし何度も言いますがあくまで狭き門であり、それに対するリスクも当然ながら伴ってきます。
結論から言うと、自分が希望する職種を多数応募し、長期間を覚悟して望んでいかないといけません。
数週間という単位ではなく数ヶ月くらいは要すると考えた方が良いでしょう。
またこの転職活動期間に、ハンティングなどが発生する場合もあります。
人材紹介会社から直接連絡があり、その会社を通して転職先への応募をしていくのです。
この場合、直接企業に応募するのはこの会社ですから比較的楽ですが書類の作成などにはかなりのスピードを求められます。

このように求人サイトを利用した場合、マッチングという観点からいうとかなりの転職チャンスがあると言えるのですが反面、それなりの時間が掛かってしまうという一面もあります。
最終的にはどのような業種を希望し、どれくらいの期間をかけるかという事を事前に考えておく必要がありますし、最低でも2~3ヶ月は転職活動に必要だと思っておいた方が良いかもしれません。
待っていてはこれ以上の期間を浪費してしまう可能性も秘めています。
自分なりに設定した期間よりも早く転職できるよう、日頃から転職に関する情報を入手して大成功を収めたいものです。
(50代 男性 公務員)

余裕を持って転職しよう!

 
転職活動期間は人によって左右しますが、主に1ヵ月から3ヶ月の間が主に多いとされています。
早くて1ヶ月でその間応募する企業数は5社から6社になるといわれています。

そしてその中で早い人は数週間で採用などが決まるともいわれていています。
それまでには「応募、面接、内定」となるためこれが転職時の山になるが、主に費やされるのが転職するための準備です。
この「準備期間」になると全体的の活動時間を左右させこれを短期間に準備するかしないかや予想以上に時間がかかるケースがある場合もあります。
その中で準備していくに必要なのは、志望分野と自己評価、そして今の職場状況を知るのが近道とも言われています。
その中でダラダラと転職活動をすると長引いてタイミングやチャンスを逃すと同時に就職する際には不利になるため、早めに活動を進めた方が有利になります。
そして、辞めてから活動すると焦りが出てきて本気な気持ちも高まり、活動を進めるスピードも速くなるため、辞めてからのガ成功するパターンも多いですが収入が途絶えたりするため、活動が厳しくなるという事もあります。

転職活動で1番有利なのが免許は勿論ですが資格があるとないのでは大きく違ってきて資格ある人ほど受かる率は高くなってきますが、また資格なくても憂かったり事務でもなくても雇ってくれたりする場合があります。
その中でも必要なのが履歴書などは勿論、スケージュールの確認をし、履歴書や経歴などの作成し、そして確かな下調べが必要になってきます。
面接に向けていざそこにいくとなると、下調べもなしでいくという事は当日迷ったりするため、事前にしっかりチェックが必要になってきます。

それから内定が決まってその会社に入るにあたって必要な事は入る会社側の都合もあるという事をしっかり確認した上で入社という準備になります。
最後に1番大事になってくるのは退職との都合になります。退職届をすぐに出して次の職場へという事は必ずしもありえないため、必ずしも今いる会社の退職のタイミングを狙って退職し、また応募先にいつになれば退職できるという事を告げて活動するという事や万が一のために、失業して転職活動というケースもあるため、そういうときのために失業資金準備もしておく事が必要になってきます。
そして、いつでもスタートできるように準備を欠かさないのも大切な事になってきます。
そのためには、しっかりとした計画と準備と確認が必要です。
(40代 女性 デザイナー)

サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ