新卒・第二新卒でタクシードライバー(タクシー乗務員)ってどうなの?

second_top

新卒で苦労して入った会社が合わなかった、何か違うと思い悩みながら働いている。そんな第二新卒の方は多いのではないでしょうか。就活だってとても大変だったし、最初の会社をすぐに退職してしまったし、もしかしたらすっかり自分に自信を無くしてしまっている人もいるのではないでしょうか。ですが、第二新卒世代で自信を失って立ち止まってしまうのは本当に勿体無い事です。その会社に居るよりも良い未来が築ける可能性だってありますし、一度の失敗で落ち込んでいる時間はありません。特に第二新卒は、若さと可能性という最大の武器を持っています。それが一番価値を発揮するのは今この瞬間です。タクシードライバーは、これから先の安定した生活と、活き活きと働ける環境が目指せる仕事です。是非、一歩踏み出して考えてみてはいかがでしょうか。

新卒、第二新卒、タクシードライバーに若い人が増えている

second_subタクシー業界は近年、業界全体の流れとして、新卒の採用をさらに強化しています。その結果、業界全体に若い世代が大幅に増えています。そもそも第二新卒とは組織や集団、媒体によって定義が異なることが多いようですが、一般的に学校を卒業後、一度就職をして数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。年齢は25歳前後を指すことが多いようです。
第二新卒の採用にも各社力を入れており、幹部・管理職候補や、タクシードライバーとして経験を積んで一流のサービスマンに育てていこうという動きも盛んです。タクシー業界売上ナンバー1の日本交通グループでは、経験を積んだドライバーが観光ドライバーや、キッズドライバー、ケアドライバーといった各分野に特化したサービスマンとなって活躍しています。若いうちから、大手のしっかりとしたサービス教育が受けられるので、働きながら自分を磨いていくことができます。数年後には、他の仕事をする周りの人に圧倒的な差をつけられる立ち振る舞いや言葉遣いができる人になれるかもしれません。

最初の職場での失敗を重ねないために

新卒で入った会社では何が不満だったのか、一度挙げてみて冷静に考えてみることが必要です。あくまでも軸は自分にあるので、何でも構いません。例えば「お給料が低い」、「仕事で残業ばかり」、「人間関係が煩わしい」、「ノルマがきつくて嫌だった」、「強制の飲み会が多い」、「目標が見いだせなかった」、のようなものです。「自分ってだめだな」と卑下することなく、気持ちに正直に考えてみましょう。「そうそう、まさに私はこう思って辞めた!」という方もいらっしゃるかと思います。今例に挙げたような不満は、離職した人の本音としてよくある理由です。そして、逆に次の職場ではこれらを解消するところを選んでいくべきなのです。日本交通三鷹のタクシードライバーなら、新卒でかなわなかった希望も、再度実現するチャンスです。

日本交通三鷹のタクシードライバーは、第二新卒におすすめ

日本交通三鷹では、未経験1年目の平均年収が420万円です。もちろん、月給プラス歩合制を取っていますので、頑張るだけ高収入を目指すことも大いに可能です。未経験から790万円を稼ぐ先輩もいます。またそれでも心配な方のために、3ヶ月間は32万円の給与保証もあります。法定外の残業等は無く、基本的には1日行ったら次の日はお休みで、月の半分程度が自由な時間になります。会社にこもって煩わしい人間関係に頭を悩ませる仕事ではないので、1人1人が裁量を持って、まるで個人事業主のように自分のペースで仕事に取り組む事ができます。自分で責任をもって1日業務をこなしていく癖をつけておくと、自立した社会人に成長することができます。働きながら、東京シティ―ガイド検定等を取得して観光ドライバーを目指したり、福祉関係の資格に興味があればチャレンジして活かすこともできます。タクシードライバーという枠にとらわれない、一生仕事を楽しみながら働ける会社です。第二新卒の方が良い道を選択できるようにサポートが揃っていますので、是非安心してタクシードライバーを目指してみてください。
サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ