タクシー乗務員転職時の「強み」の見つけ方

tenshoku_top

人にはそれぞれ強みがあります。しかしながら、自分で客観的に把握するのはなかなか難しいものです。
転職活動の際には、わかりやすく端的に自分の強みを伝えられると好印象です。今回は、いくつか代表的な強みをあげていきますので、自分の性格と合うと思ったものを使って自己PR等に利用してみてはいかがでしょうか。
あなたの強みをさっそく見つけてみませんか?

なぜ転職時の「強み」を見つけることが重要なのか

以下のようなことが理由としてあげられます。
・考えて、自己分析できる
・応募時に強みを伝えられる(必要に応じて、応募書類見直しのきっかけになることもありますね。)
・面接前の準備に活用する(面接対策用として、強みと共に伝える経験談を用意しておきましょう)

自分の強みを選んで、強みを考えてみましょう

代表的な強みとして挙げられるものの中から、自分はこれだと思うものを見つけましょう。
・親密型・・人とじっくりつきあうことが得意
・冷静に行動・・いつもクールでいられる
・寛容な心・・他社の意見を広く受け入れることができる
・決断力・・迷わずはっきりと決める
・悠然とした精神・・ゆったり、どっしりと構える
・柔軟性・・あれこれ頑固にならず新しいことにトライ
・現実思考・・実現できることなのか分析してしっかり可能性にこだわる
・自己を信頼できる・・自分が信じた道を迷わず突き進み、実現する力
・バランス感覚がある・・常に組織や全体を考えることができる
・社交性がある・・物怖じせず、オープンマインドで人と接することができる
・高揚性・・ノリがよく、勢いがある
・自立している・・受身ではなく、主体的に行動し、責任をとる
・慎重な性格・・物事を掘り下げて考える力に長ける
・俊敏性・・とにかく人より先に実行、スピード第一
・持久力・・決めたらとことんやって、あきらめない
・挑戦する心・・高い目標も、挑戦して必ずクリアできる自信を持つ
・感受性豊か・・場の雰囲気を感じ取り、最適な行動をとる
・独創性あふれる・・オリジナリティがあり、アイディアをたくさん出せる

面接時、強みを伝えたときの面接官側の見方

tsuyomi_sub
面接官は、求職者の強みをたくさん一日に聞いているため、わかりやすく質問に答えてくれる人に好感を持つようです。求職者としては、シンプルにわかりやすく自分の人柄や強みを嫌味なく伝えることが大事です。また、うそをついて得意ではないことを強みとしてあげても転職はうまくいきません。自分にあった環境を見つけられるかが勝負なのです。
強みをきちんと伝えてもらえると、面接官としては気になるところがあれば、面接時の話題に使い、過去の成功談を聞いたりします。そこで好印象を持って採用しようと思ったというケースは多いです。

日本交通グループ、大国自動車交通の採用の基準

転職を考えたときに、何の経験も無いからといって諦める必要はありません。大国自動車交通では、タクシードライバーの仕事に関して、これまで重ねてきた経験や年齢がプラスとなり、お客様に喜んでもらえるチャンスになると考えています。例えば、お昼時に混まない道を選んだら、お客様と仲良くなり、それ以来指名していただけた、という嬉しい事もあります。 誰でも伸ばすことができる長所があります。大国自動車交通では、そこを見つけることが高い接客サービスに繋がると考えています。自分では気づかなかった個性や、長所が発見できる舞台がそろっている会社です。是非、自分の強みを生かして活躍してみませんか。業界最大手日本交通グループの正社員なので安心・安定が得られます。また、初心者の方にも安心の、月給33万円保障(乗務開始から6ヶ月間)、日曜日は完全定休・月半分以上は休み、選べる勤務時間、等の高待遇も用意されています。
サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ