タクシーチケットについて


タクシーチケットとは、タクシーをチケットにより利用することができるものです。
タクシーチケットに金額を記入して、対応ができます。
のちに一括して支払をする流れとなります。
タクシー会社やクレジットカード会社のタクシーチケットなどがあります。

タクシー・チケットは、以前まで5%の手数料が利用者に請求されていました。
現在は手数料は廃止されています。

このことから、チケットの利便性が高まりました。
今後は業界としてもどのように継続していくのか、意地をしていくのかというところです。
サービスの向上が見込まれるものとなります。

ワンコインタクシーの廃止

 
規制緩和の結果があらわれた、市場で大きな影響力を与えた「ワンコインタクシー」は象徴的な存在です。
それがゆえに精査すべき問題でもありました。
ワンコインタクシーとは基本料金が500円なのでそういった名称が使われるようになりました。
初乗り2キロメートル500円運賃ということで、従来のタクシーに比べるととても安い運賃になります。

日本のタクシーは高いというイメージがあることが現実です。
事実、アジア諸国の中では高く設定されているのです。
しかし、500円で経営上はやっていけるのかという懸念点もありました。
違う角度からみれば500円で労働者の生活が成り立つのか、歩合制のあり方を踏まえて検証が必要でした。

そんな中でワンコインタクシーが気軽に使えるようになってきていましたが、2014年4月以降廃止となりました。
さまざまな理由が背景にあるかと思いますが、規制緩和したタクシー業界でしたが、台数が増えすぎたことで競争が過熱したこと、低価格競争のようなものが始まり、あまりよくない状況をつくりだしている、サービス低下の傾向、安全性低下の傾向などあげられます。

そこから、タクシーの適正化・活性化に関する改正特別措置法(タクシー「サービス向上」「安全利用」推進法)が徐々に導入されてきた影響があります。
タクシー会社においては、国が定めた範囲内で運賃を決めなければならないなど、規制が強化されました。

国が運賃の上限と下限を決めることで、安いタクシー会社は営業することができなくなりました。
「公定幅運賃」の範囲というと、タクシーは地域によって料金は異なりますが、「680円」が最低運賃として営業していくかたちとなりました。

サブコンテンツ

タクシードライバーのコラム集

このページの先頭へ