東京オリンピックのタクシー、2020年構想がすごい!

oly_top

東京オリンピックのタクシー、2020年構想がすごい!

2020年に向けて東京オリンピックのニュースや、問題点をたくさん目にするようになってきましたが、交通やタクシーはどのようになっていくのでしょうか。今回は、どのような構想、取り組みがあるのかをご紹介していきたいと思います。

東京オリンピックと自動運転タクシー

oly_01東京オリンピックに向けて自動運転タクシーの計画があります。2016年以降、自動車メーカーが開発した自動運転システムを少しずつ市販の車に取り入れていこうという動きになっています。それと並行して、日本政府が推進しているのが2020年の東京オリンピックで自動運転によるサービスを実施したいという考えです。訪日外国人が爆発的に増えることが予想され、また各国の報道陣が詰めかけることが想定されるため、日本の高い技術力をアピールするチャンスになるだろうという考えのようです。現在のところ日本の法律では、運転手がいない車の運転が認められていないため、国が後押しする施策という事が前提の計画となります。タクシードライバーの需要がなくなってしまうのかと心配な方もいるかもしれませんが、これからはこれまで以上に、品質を重視したタクシーが盛り上がりを見せていく時代へと変わってくのかもしれませんね。

東京オリンピックとタクシードライバーの資格

訪日外国人観光客向けにドライバーの教育にも動きが出てきています。東京ハイヤー・タクシー協会が実施する「TSTIE(タスティ)ドライバー認定」という認定資格があります。「TSTIE」は、Tokyo Sightseeing Taxi in English=英語による東京観光タクシーの略で、英語のスキルも求められます。初年度は日本交通グループ社員を含む15名と、高いスキルが求められるようです。東京観光の知識が前提となるため「東京シティガイド検定」や、「ユニバーサルドライバー研修」、「東京観光タクシードライバー認定研修修了」等が条件となります。英語力に関しては、基準がTOEIC600点程度となっています。これら基準を満たしてかつ、同協会の研修・スピーチ・テストに合格すると晴れて認定となります。タクシー業界各社は、2020年の東京オリンピックに向けて第一線で活躍できる精鋭を増やそうという動きが、大変活発になってきています。

東京オリンピックと交通の課題

oly02日本の空の玄関口である羽田空港へは、電車であれば東京モノレールと京浜急行を使うことが多いですが、国立競技場のあるエリアへのアクセスには乗り換えが必要になります。また、羽田空港から東京駅、新宿駅も大きな荷物を持った旅客には大変な道のりです。交通網の改善には計画が様々持ち上がっていますが、便利で快適なタクシーに需要が集まるであろうことも容易に考えられます。空港定額のサービスもあるタクシーは、オリンピックイヤーには大きなビジネスチャンスを迎えるでしょう。
海外からのお客様の日本観光に関する感想で、「不満である」という意見が多いのは、Wi-Fi環境の整備です。海外仕様の携帯電話はそのまま日本の電波で使うことができないケースが多く、Wi-Fiは必須です。この事実に関しては、無料Wi-Fiの環境を整えるべく改善が進んでいます。日本交通には、スマートフォンやLINEでタクシーを呼べるサービスもあるので、そういった最先端のサービスを使いこなす訪日外国人の方も増えてゆくのではないでしょうか。

東京オリンピックで活躍したいなら

東京オリンピックで盛り上がる東京で、熱気を肌で感じつつ仕事をしたいと感じる方は、大国自動車交通への転職がおすすめです。スキルを積むと観光ドライバーというキャリアも拓けるので、東京オリンピックでも精鋭として活躍することが出来ます。また、日本交通グループのしっかりした研修や福利厚生、高収入が見込めますので将来的にも安定した生活ができます。
コンテンツ一覧
-->

このページの先頭へ